ナビゲーションをスキップする

ここから本文です。

三谷 泰之(みたに やすゆき)/研修日誌

 三谷泰之です。第2外科の研修についてお話しさせていただきます。

 第2外科は、なかなか忙しい科ですが、その分得られる知識、手技は多いと思います。やる気のある研修医は指導医の指導のもとで、たくさんの手技を経験す ることが出来ます。手術においては、第2外科の扱う範囲は広いので、研修医の間に経験しておかなければならない手技もあり、どんどん参加できます。他の科で初めてやることも第2外科の経験をいかせば怖いものなしです。もちろん、救急疾患に対しても物怖じせずに対処できるようになります。また、外科手術にこだわることなく、内視鏡、消化管透視等も積極的に行っていて、診断から手術、その後のフォローアップまで初めから最後まで患者さんに接していけます。いいところばかりずらずらと並べましたが、はっきりいって身体的、精神的にきついところだと思います。内科希望の先生も外科希望の先生も自分がどれだけやれるか試しにぜひ第2外科に研修に来てください。結構、慣れれば楽しいですよ。