ナビゲーションをスキップする

ここから本文です。

家田 淳司(いえだ じゅんじ)/研修日誌

研修医2年目の家田淳司です。

 私達は新研修医制度の一年目であり、今までのストレート入局制度とは異なり、いろいろな科をローテートすることになりました。  
 私は他大学出身で外科系の進路で研修先を選ぼうと考えていました。私が和歌山県立医大で研修しようと思った理由として、学生時代に和医大第2外科を見学させていただいて、その医局の空気が自分にあっていると感じたからだと思います。関西圏でトップクラスの手術件数や、手術だけでなく、上部下部内視鏡、エコー、透視をはじめ、ERCPやEMR等の消化器に関するほとんどの検査・治療をカバーしている幅広さなどは、私が学生時代に見学した他の病院と比べても総合点で最もよいのではないかと思いました。
 新しい研修制度で、先輩方と比べると外科で研修の時間が少なく、知識・経験ともにまだまださっぱりですが、一日でも早く一人前と言われるようがんばっていきたいと思います。

 最後に、今、卒後臨床研修先で悩んでいて、少しでも消化器に興味のあるの方や、幅広い医療を身につけたいと思われている方は、是非一度和医大第2外科を見学にきてみてはいかがでしょうか。