ナビゲーションをスキップする

ここから本文です。

山上裕機 教授 ご挨拶

地域医療:最高水準の外科治療を和歌山県に!

                                                                           第2外科学教室では消化器癌の手術症例、とくに手術難度が高い肝胆膵悪性腫瘍および食道癌・直腸癌の手術件数が著しく 増加しました。入院して頂く患者様のご期待に沿うべく懸命の努力をしていますが、手術室や入院ベッドの不足などの事情により、迅速な入院・手術ができない場合もあることをお詫び申し上げます。

   診療面では、『地域のために、地域に生きる』を合い言葉に、患者様毎に最高の外科治療を提供できるよう心がけています。確固たる医学的証拠(Evidence)に基づいた医療(EBM)を基本理念とし、臓器毎に第2外科の治療指針(ガイドライン)を作成しました。

 われわれ和歌山県立医科大学第2外科を信頼してご来院頂いた患者様でございます。合併症のないよう細心の注意を払い、できるだけ早期に社会復帰して頂くよう努力しています。また、退院後は紹介元の診療所または病院と和歌山県立医科大学第2外科が協力して治療を継続して頂くようにしています。どのような連携ができるかは施設によって異なりますので、各論的に病・病または病・診連携を展開させて頂いております。

 

『地域医療の充実』とは、地域に最高水準の医療を提供することであると考えています。消化器癌の外科治療を通じて、地域医療に貢献できるよう精一杯の努力をしていく所存です。   

 

研究面では多くの臨床研究がスタートし、和歌山医大倫理委員会の承認を 得て、6つのテーマで外科手技における無作為化臨床試験(Randomized controlled trial: RCT)を行っています。なかでも、膵頭部癌に対する幽門輪温存膵頭十二指腸切除術の再建術式に関するRCTの結果がアメリカの外科雑誌であるAnnals of Surgeryに掲載されました。外科治療のエビデンスを和歌山から発信できたことを非常にうれしく思います。RCTの質と量で臨床教室のレベルが評価されますので、さらに数多くの質の高いRCTを推進していく予定です。

 

第2外科教室員のひとりひとりが、国際的な一流誌に論文執筆できるよう指導していきます。このような臨床研究を進めるため、医師会の先生方には今後とも第2外科学教室に対する変わらぬご支援・ご指導をお願い申し上げます。

診療および臨床研究以外に、卒前・卒後教育がわれわれに課せられた大きな使命です。医科大学附属病院として、教育のために診療・研究があるといっても過言ではありません。

2004年の春から卒後教育必修化の新しいシステムが始まり、外科志望の医師でも2年間は内科などの必修診療科をローテートすることが義務づけられました。和歌山県民の健康を守るためには多くの優秀な外科医が必要です。ひとりでも多くの外科医が育つよう、卒後教育を充実させたいと思っています。  

われわれの第2外科はさまざまな出身大学の外科医が集まっており、非常に自由な雰囲気の中でお互いが切磋琢磨できる環境です。多くの外科医を志望する若者が入局することを期待しています。